HOME > アレルギー検査 > AACLのアレルギー検査

AACL(動物アレルギー検査株式会社)
のアレルギー検査

これまでのアレルギー検査の課題

定性的なIgE検査の限界

これまでのIgE検査は、一般的にIgE量の把握が不可能であるため、陽性か陰性かをみるだけに留まり、症状の強さやアレルギーの進行状態、治療効果との関連がないことが問題となっています。そのため、検査結果を治療方針の決定に反映することが困難でした。

IgEだけでなくIgGも測定してしまう

アレルギーの原因物質はIgE抗体ですが、IgE検査ではアレルギーとあまり関係のないIgG抗体をも誤って検出してしまうことがあります。ヒトの場合でも IgGはIgEの約27万倍も多く血中に含まれているため、洗練されていないIgE検査ではIgGを誤認し偽陽性が多く出てしまいます。

IgE検査のほかに有用な検査がない

アレルギーには、IgEが関与するタイプと関与しないタイプがあります。IgE検査だけでは、全てのケースのアレルギー症例を見つけることができません。しかし、これまでは、IgE検査のほかに有用なアレルギー検査がなく、アレルギーを発症しているのに、診断できる検査がないという状況でした。

AACLがご提供する3種類のアレルギー検査

アレルギー・免疫の状態を把握し、治療に反映させるための新しい検査を3種類提供します。これにより、動物病院に来院する愛犬のアレルギーの病態をより多角的に捉えることができます。

アレルゲン特異的 IgE検査

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を同定するための基本となる検査です。
結果を定量(ng/ml)で表示します。

詳しく見る

アレルゲン特異的 IgE検査

リンパ球反応検査

IgE検査ではわからないアレルゲンを検出する全く新しいタイプの検査です。

詳しく見る

リンパ球反応検査

アレルギー強度検査

アレルギーの病態に関わる血中の細胞を検出します。アレルゲンが特定できない場合でも、アレルギーがあるかどうかを把握することが可能です。

詳しく見る

アレルギー強度検査

測定アレルゲン一覧

節足動物
  • ヤケヒョウヒダニ
  • コナヒョウヒダニ
  • ノミ
  • ゴキブリ
牧草
  • カモガヤ
  • ハルガヤ
  • オオアワガエリ
  • ホソムギ
  • ギョウギシバ
主要食物アレルゲン(注1)
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 卵白
  • 卵黄
  • 牛乳
  • 小麦
  • 大豆
  • トウモロコシ
雑草
  • ヨモギ
  • オオブタクサ
  • アキノキリンソウ
  • タンポポ
  • フランスギク
除去食アレルゲン(注2)
  • 羊肉
  • 七面鳥
  • アヒル
  • サケ
  • タラ
  • ナマズ
  • シシャモ
  • ジャガイモ
カビ
  • アスペルギルス
  • アルテリナリア
  • クラドスポリウム
  • ペニシリウム
樹木
  • スギ
  • シラカンバ
  • ハンノキ

注(1) 主要食物アレルゲン:食物アレルギーの原因としてよく報告されている食物。
原因食物アレルゲンが全く判らない場合に検査する項目です。

注(2) 除去食アレルゲン:除去食療法の時によく用いられる食物。
原因食物アレルゲンが、おおよそ推測できている場合で、食べて良さそうな食物を探したい時に検査する項目です。

2014年4月現在
全40項目